イチローきっちり初球犠打「当然のこと」

[ 2012年9月18日 06:00 ]

<ヤンキース・レイズ>途中出場で8回無死一塁、三塁へ犠打を放つイチロー

ア・リーグ ヤンキース6-4レイズ

(9月16日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローは7回から守備固めで出場し、左翼と右翼をこなした。2点リードの8回無死一塁では、初球に犠打を決め「相手がそれ(犠打)をやってきたときは、本当に嫌ですからね。そう考えると当然のこと」と自分の仕事に徹したが、得点には結びつかなかった。

 単独首位を守り、休日をはさんでレギュラーシーズン最後の16連戦が待つ。「負けられないことは変わらない。追う方も追われる方もしんどいんじゃないですか」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月18日のニュース