荒木 ナゴヤ胴上げ阻止「最後の最後まで抵抗したい」

[ 2012年9月18日 07:12 ]

<中・巨>殊勲打の荒木(右)を迎える高木監督

セ・リーグ 中日2-0巨人

(9月17日 ナゴヤD)
 中日の荒木が8回に決勝の2点二塁打を放った。1死一、三塁、3ボール1ストライクでサインはヒットエンドラン。打球は三塁ベースに当たって高くはね、左翼線に転がった。

 「(指示は)何でもくる気持ちで打席に立った。投手が頑張っていたので打ててよかった」と喜んだ。この勝利により、ナゴヤドームでの巨人の優勝はなくなり「最後の最後まで抵抗していきたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月18日のニュース