磐石継投に森内感謝「やっぱりうちの中継ぎはすごい」

[ 2012年9月18日 06:00 ]

<日・オ>日本ハム3番手・石井

パ・リーグ 日本ハム5-4オリックス

(9月17日 札幌D)
 日本ハムは7投手の継投で勝った。プロ初先発だった新人右腕の森内が3回2失点で降板したが、中継ぎ陣が踏ん張って試合をつくった。

 3番手の石井は3連投ながら2者連続三振を奪うなど3者凡退の好投。石井は「体調管理には気を付けている。いつでもいける」と頼もしかった。13日のロッテ戦で右膝を痛めた宮西も、負傷後初登板ながら無失点。ここまで中継ぎで50試合に登板していた森内は「やっぱりうちの中継ぎは凄い。本当に助けられた」と感謝していた。

 ▼日本ハム・稲葉(若手の活躍について)若い子たちが必死にやっている姿というのはチームにとってもプラスになる。僕とかマック(金子誠)も、そこに負けないようにと思って必死にやっています。

 ▼日本ハム・金子誠(4回に適時打。若手の台頭に)誰が試合を動かしてもいい。当事者、当事者がそれぞれの仕事をすればいい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年9月18日のニュース