横浜・早川が引退発表「自慢の足が言うこと聞かなくなった」

[ 2011年10月6日 16:35 ]

2010年4月18日の阪神戦で、1号2ランを放つ早川

 横浜の早川大輔外野手(36)が6日、今季限りでの現役引退を発表した。18日の中日戦に出場する予定で、今後については未定。球団の公式サイトで「自慢の足が言うことを聞かなくなったので、引退を決めました。プロの世界で10年間、精いっぱい野球に取り組む事ができたので満足しています。これからはこれまでのいろいろな経験を何らかの形で生かし、後輩たちに還元できるようにしたいです。これまで応援してくださったファンの皆様、関係者の方々、支えてくれた家族に心から感謝いたします。ありがとうございました」とコメントした。

 早川は県船橋、立教大、本田技研を経て01年にドラフト5巡目でオリックスに入団。俊足を生かしたプレーが持ち味で、07年にロッテ、10年に横浜に移籍。今季はここまで1軍試合出場がなかった。通算成績は631試合出場、425安打、18本塁打、76盗塁、打率.258。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース