秋山起死回生の逆転三塁打 CS進出へ望みつなぐ

[ 2011年10月6日 06:00 ]

<西・オ>7回2死二、三塁、秋山の適時三塁打で三走の浅村(右)、二走の大崎が相次いで生還

パ・リーグ 西武11-6オリックス

(10月5日 西武D)
 風のない西武ドームに神風が吹いた。西武は3失点で逆転されたその裏の7回だ。2死二、三塁で秋山の鋭い低空ライナーは左翼正面へ。前進していたT―岡田の手前で、さらにひと伸び。頭上を越す走者一掃の逆転三塁打だ。

 「打った瞬間は前進して捕られるくらいの感じ。あんなに伸びるとは。歓声の後押しもあったんじゃないかな」。チームを徳俵で踏みとどまらせる決勝打。お立ち台に上った殊勲の新人は、見えざる力を口にした。

 最後は指揮官の信念だった。ベンチに左の代打の切り札・上本らも残す場面。「代打を出されるかなという思いもあったけど、首脳陣が信じてくれたのがうれしかった」と秋山。送り出した渡辺監督は「平尾も使っているしあそこは秋山しかない」と信頼を口にした。

 勝負を決めたのが「静」のスタイルなら、チャンスをつくったのは「動」だった。同点の3回1死一、三塁では、今季3盗塁の一塁走者・中村に単独スチールのサイン。スタートが遅れたが「逆に捕手が二塁に投げると思った」と三塁走者の中島は機を見るに敏とばかりに本塁へ。二塁への送球を投手の寺原がはじき、結果的に重盗となり勝ち越しの生還。執念のタクトに選手が呼応した。7回の勝ち越し機もエンドランで演出したもの。渡辺監督は「いい粘りで諦めずに逆転、再逆転。最後はみんなの集中力だった」とうなずいた。

 前夜に自力CSの可能性が消滅した。土壇場で連敗を4で止め10月初白星で6日の3位オリックスとの最後の直接対決に望みをつないだ。

 「うちは常に崖っ縁に立っている。とにかく勝たないと」。逆転CSだけを見据える指揮官の視線は揺るがず。まだ獅子は死んではいない。

 ▼西武・土井ヘッド兼打撃コーチ もう総力戦ですから。きょう負けると決まるところだった。これであすにつながる。

 ▼西武・浅村(3安打3打点)勝たないと、という試合ばかり。残り10試合全部勝つつもりでやっていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース