先制機逃し、零敗…星野監督「初回でつぶさないと」

[ 2011年10月6日 22:37 ]

パ・リーグ 楽天0―2日本ハム

(10月6日 札幌D)
 楽天は1回の先制機を逃すと、その後はほとんど好機をつくれず零敗した。星野監督は「初回でつぶさないといけない」と苦々しい表情だった。

 1回は斎藤から1死満塁の好機をつくったが、中村は三振、銀次は三ゴロに倒れた。星野監督は「あんな中途半端なスイングをしていたら駄目」と不満そうな口ぶり。中村は「前より真っすぐが3、4キロ速く感じたし、スライダーも切れていた」と斎藤の投球に脱帽していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース