投球再開の松坂反動なし「肩や肘がなじんだ感じ」

[ 2011年10月6日 06:00 ]

グラウンドでダッシュする松坂

 レッドソックスの松坂は4日、下半身のウエートトレーニングなどボールを使わずに練習終了。122日ぶりのキャッチボールから一夜明けて「肩や肘が張るかと思ったけど、逆になじんだというか、起きて不安になることもなかった」と順調ぶりを口にした。

 今後のメニューに関してはあえて長期的な目標を置かず、トレーナーと相談しながら進める方針。「2日連続で投げられる日、前の日にトレーナーが言ってくることになっている。自分の状態によって当然変更もある」。また、筋力強化で体が一回り大きくなったことには「今までは投げることを忘れてトレーニングしていた。投げられる体に戻していかないといけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース