Dバックス初勝利 24歳ルーキーが満塁弾

[ 2011年10月6日 06:00 ]

<ダイヤモンドバックス・ブルワーズ>5回、満塁弾を放ちロバーツ(右)に祝福されるゴールドシュミット

ナ・リーグ地区シリーズ第3戦 ダイヤモンドバックス8―1ブルワーズ

(10月4日 フェニックス)
 2連敗で窮地に立たされたダイヤモンドバックスを救ったのは、24歳のルーキーだった。2点リードの5回2死満塁で、ゴールドシュミットが右中間に運ぶ1号グランドスラム。

 新人の満塁弾は99年のレディー(ヤンキース)以来、ポストシーズン史上3人目だ。初回にも適時打を放ち、5打点と活躍した5番打者は「もちろん、興奮している。本拠地で勝てて最高」と笑顔で話した。

 今季は2Aで30本塁打を記録し、専門誌が選ぶ最優秀マイナー選手に輝いた。8月1日に3Aを飛び越えてメジャーに昇格すると、同2日にジャイアンツのサイ・ヤング賞右腕リンスカムから初本塁打。潜在能力の高さを大舞台でも証明した。

 先発の新人コールメンターも7回2安打1失点の好投。カーク・ギブソン監督は「キャンプに多くの有望選手がいた。彼らが急成長してくれた」と頼もしそうに語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース