平尾が決めた 西武サヨナラ勝ち

[ 2011年10月6日 20:49 ]

パ・リーグ 西武2-1オリックス

(10月6日 西武D)
 西武がサヨナラ勝ち。1―1の九回、四死球と犠打、敬遠四球で1死満塁とし、代打平尾の犠飛で試合を決めた。2番手の牧田が5勝目。オリックスは八回に1点を先制したが金子千がリードを守れず、逃げ切れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース