マー君の3冠獲りアシスト 楽天狙い球絞りダル攻略

[ 2011年10月6日 06:00 ]

<日・楽>4回1死二、三塁、銀次(左)がダルビッシュから中前適時打を放つ

パ・リーグ 楽天3-1日本ハム

(10月5日 札幌D)
 各打者が迷いなくバットを振った。楽天打線がダルビッシュに8回までに先発全員の10安打を浴びせて3得点。負ければシーズン勝率5割以下が決まっていた星野監督も「打線が積極的に打っとったな」と目を細めた。

 ミーティングの指示は「狙った球が来たら積極的に振れ」。4回1死二、三塁で決勝点となる先制の中前打を放った銀次も、1ボール1ストライクから150キロの直球系のボールを狙い打った。プロ初打点を挙げたプロ6年生は、東日本大震災で大きな被害を受けた岩手出身でもあり「東北の力になればうれしい」と胸を張った。ダルビッシュに黒星をつけ、最多勝、防御率などを争う田中もアシスト。CS進出は絶望的だが、残り9試合も一戦必勝の姿勢は変わらない。

 ▼楽天・井坂(6回1失点で自己最多タイの3勝目)ブルペンから感じが良かった。低めを意識して投げた。

 ▼楽天・田淵ヘッドコーチ(ダルビッシュを攻略した打線について)田中と(タイトル争いで)競ってるから、みんな一丸になった。

 ▼楽天・牧田(4回に犠飛、8回は適時打で計2打点)追い込まれるたびにバットを短く持つようにしていった。チャンスで走者を還せてよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース