岡田監督あきれ顔「腹の中煮えくりかえっとるよ」

[ 2011年10月6日 06:00 ]

<西・オ>7、8回の2イニングで6失点。ベンチであきれ笑い?の岡田監督

パ・リーグ オリックス6-11西武

(10月5日 西武D)
 終盤に逆転を許したオリックス岡田監督は約10分間のコーチミーティングの後にようやく姿を現した。

 4位・西武に引導を渡すチャンスだっただけに「勝ちたないやつがおるということ。腹の中煮えくりかえっとるよ。ほんま考えられへん」とあきれかえった。前半はバッテリーミスを連発。7回に3点を奪って逆転したが、その裏の2死二、三塁で、左翼手の正面を突いたかに見えた秋山のライナーにT―岡田が頭上を越され逆転の2点三塁打とした。「選手じゃないよ」と指揮官の怒りはコーチ陣に向いているよう。「昨日勝ってふーっとなってんちゃう。そんなんじゃ勝てんわ」とまくしたてた。

 ▼オリックス・T―岡田(7回の頭上を越された守備について)僕の判断が悪かった。

 ▼オリックス・寺原(5回8安打5失点で降板)チームに申し訳ないということしかありません。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年10月6日のニュース