試合前ロッカーでぼや 原因はラジコンのバッテリー

[ 2011年7月2日 06:00 ]

ア・リーグ アスレチックス4-5マーリンズ

(6月30日 オークランド)
 試合前のアスレチックスのクラブハウスで、ぼや騒ぎが起きた。ベテラン左腕フエンテスのロッカーから高さ1メートルほどの炎が上がり、2、3分後に広岡広報がポリタンク入りの飲料水をかけて消し止めた。出火元はフエンテスの趣味であるラジコンヘリの充電中バッテリーで、当人はぼやの間はグラウンドで練習中。クラブハウスに戻ると「びっくりした」という表情で立ち尽くした。

 出火中も慌てず騒がずで、ほぼ対角線上にある自身のロッカー前に座っていた松井は「(火が広がっても)逃げる時間はたっぷりあったから」と余裕たっぷりに話した。試合後には、お手柄の広岡広報に球団関係者から「Dowser of the year(最優秀火消し人)」とマジックで書かれたポリタンクがプレゼントされた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース