マエケン好投+適時打でも勝ち星遠く…

[ 2011年7月2日 06:00 ]

<広・ヤ>5回、前田健は左前に同点適時打を放つ

セ・リーグ 広島1-4ヤクルト

(7月1日 マツダ)
 広島の前田健が投打に奮闘したが、4勝目はならなかった。「真っすぐにスピードがなかったし、スライダーも切れが悪かった」と言いながらも、粘りの投球で7回を5安打1失点。打撃でも5回に適時打でチーム唯一の得点を叩き出した。

 ただ同点の7回に代打を送られて降板。勝ち負けは付かず「もう少し投げたかった。良くなる方向には行っているが、やっぱり勝ちが欲しい」と白星を渇望していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース