成瀬 4度目対決でマー君に初めて負けた

[ 2011年7月2日 06:00 ]

<楽・ロ>6回のピンチに的場と話す成瀬(左)

パ・リーグ ロッテ0-2楽天

(7月1日 Kスタ宮城)
 ロッテの成瀬が、田中との4度目の対決で初めて敗れた。3回に2点を先制されたが、許した得点はそれだけ。8安打を許しながらも7回を粘り強く投げたが、「先に点を与えちゃいけない状況で与えた時点で負け。きょうはそういう試合だった」と振り返った。

 打線は今江が左ふくらはぎの張りで今季初の欠場となる中、今季5度目の零敗。前日の日本ハム・ダルビッシュに続く難敵相手で連敗を喫した西村監督は「何回かチャンスはつくったが、あと1本ですね。低めに投げられた最終球(勝負球)を何とかできなかった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース