大松、今江、井口…中軸の3人が勝利に貢献

[ 2011年7月2日 19:53 ]

パ・リーグ ロッテ6―3楽天

(7月2日 Kスタ宮城)
 ロッテ打線の中軸に座る3人が勝利に貢献した。1―0の6回、適時打を放った4番の大松は「大谷が頑張って投げていたので、いい追加点になった」。続く今江は2ラン。1日は左脚の張りで欠場しただけに「チームに迷惑をかけていたので、本塁打を打てて良かった」と喜んだ。

 3番の井口は二塁守備での貢献。5回のピンチで中前に抜けそうなゴロに飛び付き、素早く一塁へ送球してアウトに。同点を防いだ美技に「きょう唯一の仕事」と言葉が弾んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース