足利工 部員間暴力で活動自粛

[ 2011年7月2日 06:00 ]

 足利工(栃木)の野球部の2、3年生数人が、1年生の全部員22人に尻を蹴るなどの暴力をふるっていたことが1日、分かった。野球部は現在、活動を自粛しており、7月9日に始まる夏の甲子園栃木大会への出場について同校は「既に県高野連に連絡しており、早急に対応を決めたい」としている。

 同校によると、6月中旬の午後8時ごろ、2、3年生がグラウンドで「練習の後片付けができない」などと言って暴行。ケガ人はいなかった。1年生3人が同月27日に退部を顧問らに申し出たことから発覚した。

 同校は夏の甲子園に6度の出場経験がある。卒業生に広島・石井琢朗がいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース