不安定だった山口 悩める巨人 ストッパーは流動的

[ 2011年7月2日 17:23 ]

8回から登板し今季初勝利を挙げた巨人・山口

セ・リーグ 巨人2―1中日

(7月2日 東京D)
 抑えを務めてきたロメロが登録抹消となった巨人。誰がストッパーで起用されるか注目されたが、2日の中日戦では山口が8回から2イニングを投げ、最後を締めた形となった。

 今後も山口で行くのかという問いに原監督は「いやいや、抑えという形で決めた投手はいない。試合状況の中で決める。時期が来たら決めたい」と、歯切れが悪かった。

 山口も8回に先頭打者に二塁打を打たれたり、2イニングとも四球を許すなど、抑えはしたが不安が見え隠れする投球。しばらくの間、ストッパーを誰にするか、原監督の悩みは続きそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース