動いた落合監督「若いもんが上にしがみつくために一生懸命やってんだ」

[ 2011年7月2日 07:33 ]

セ・リーグ 中日5-3巨人

(7月1日 東京D)
 普段はめったにベンチを動かない中日・落合監督がこの日は初回から動いた。

 2死から長野に四球を与えた吉見が、判定にやや不満げな態度を見せると今季初めてマウンドへ。気合が入りすぎていた右腕に「そうカリカリするな」と頭を冷やさせた。1点を追う9回2死満塁からは代打攻勢を仕掛け、堂上剛の逆転打を生み出した。

 「若いもんが上にしがみつくために一生懸命やってんだ。代わりはいるけど競争はさせるよ」。土壇場の逆転劇で貯金は2。落合竜に勝負強さが戻ってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース