ドジャース 銀行口座凍結で小切手不渡り

[ 2011年7月2日 06:00 ]

 経営状態が悪化したため連邦破産法第11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請を行った中、29日にアルバイトなどに渡された小切手が銀行に受け入れられなかったという。ド軍は「(27日)に裁判所へ適用申請を行ってから、銀行口座が48時間凍結したため」と説明。30日には有効な小切手を渡した。すでにデラウェア州の裁判所から6000万ドル(約48億6000万円)の運転資金借り入れの認可が下りており、選手や球団職員の給料への遅配は起きない見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース