涌井、プロ7年目で初の4連敗…渡辺監督「らしくない」 

[ 2011年7月2日 19:42 ]

パ・リーグ 西武2―4日本ハム

(7月2日 西武D)
 西武の涌井は3回までに3失点。その後は立ち直ったが、1点差となった8回にも失点して降板した。先頭の杉谷に内野安打を許し、1死後に中田に二塁打を浴びた。「一番出してはいけない先頭打者を出し、追加点につなげられた」と肩を落とした。

 今季6敗目を喫し、プロ7年目で初の4連敗となった。渡辺監督は「簡単に先頭を出すのが涌井らしくない。8回は抑えないと。そのへんが4連敗してる原因」と再起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年7月2日のニュース