荒木が通算300盗塁「常に先の塁を…」

[ 2011年6月28日 21:56 ]

1回、二盗し通算300盗塁を達成、花束を受け取る中日・荒木

セ・リーグ 中日5―14横浜

(6月28日 横浜)
 中日の荒木が一回、先頭打者で四球を選んで二盗を決め、プロ16年目で通算の盗塁数を300の大台に乗せた。

 5月29日以来、今季8個目の盗塁を決めたベテランは「どうやったら勝てるかを考えて走ってきた結果。その積み重ねだと思う」とチームの勝利を目指して走ってきたことを強調した。

 14失点の大敗を喫した中で、二塁打1本を含む3安打2得点と奮闘した荒木は「まだまだチャンスがあれば、常に先の塁を狙っていきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月28日のニュース