打球直撃に耐えた!永井、気合の7回無失点

[ 2011年6月28日 06:00 ]

パ・リーグ 楽天2-1西武

(6月27日 西武ドーム)
 楽天・永井は激痛とも戦った。3回に片岡の打球が左手首を直撃。治療後に続投したが、続く4回は3四球。らしさを失って1死満塁の危機を招いて「言い訳になるが、正直左手が痛かった」と明かした。

 痛み止めを飲み、捕手の嶋からの返球も緩めてもらった。滑りやすい統一球を両手でこねることもできなくなり、制球に狂いが生じた。それでも負担の少ないカーブを多用し、7回116球で無失点。同点に追いつかれて勝利投手の権利は消えたが「チームが勝てたのが一番」と笑顔だった。

 ▼楽天・美馬(8回に救援し乱闘騒動を招いて失点も勝利投手)永井さんに申し訳ないです。(フェルナンデスには)そんなに際どい球じゃない。もし来たら、向こうが退場になるだけですし。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月28日のニュース