帰ってきた“韓国の至宝”!復調にコーチ太鼓判

[ 2011年6月28日 06:00 ]

福間コーチの見守る中、投球練習する朴賛浩

 ファームで調整中の朴賛浩(パク・チャンホ)が1軍練習に参加した。

 「球の切れも出てきた。走り込んで、太ももも太くなっていた」。福間チーフ投手コーチはアジア出身者ではメジャー最多となる通算124勝を挙げた“韓国の至宝”の復調に太鼓判。不振(7試合で1勝5敗、防御率4・29)で5月30日に2度目の出場選手登録抹消を味わった右腕も日本語で「元気ですよ」と日焼けした顔を引き締めた。28日からの西武3連戦(京セラドーム)での出場選手登録が予定されている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月28日のニュース