大松、唯一の点たたき出す「きょうは唐川」

[ 2011年6月28日 19:41 ]

3回、大松の先制打で生還し、先発の唐川(19)に迎えられるロッテ・伊志嶺

パ・リーグ ロッテ1―0日本ハム

(6月28日 札幌ドーム)
 ロッテの大松が三回にこの日唯一の得点をたたき出した。2死二塁で初球を右前に運び「積極的にいったのがいい結果につながった」と喜んだ。

 ただ4番打者は「きょうは唐川。いい投球をしていた」と完封した右腕を真っ先に持ち上げた。三回以降は五、七回と好機で凡退しただけに「もう1点、取りたかった。集中力のある打撃をしていかないと」と気を引き締めることも忘れなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月28日のニュース