斎藤、49日ぶり札幌入りに井口、里崎ジロッ

[ 2011年6月28日 06:00 ]

笑顔で移動する日ハム・斎藤

 日本ハム・斎藤が49日ぶりに札幌に帰ってきた。左脇腹痛が癒え、29日のロッテ戦(札幌ドーム)での復帰登板に向けて羽田から空路札幌入り。1カ月半の2軍生活を「短かったです。あっという間でした」と振り返ったうえで「最低でも5回は投げたいと思います。目標は完投?もちろんです」と意気込んだ。

 トレーニングで4キロ減量、日に焼けた顔は精かんさも増した。「(精かんさは)出そうと思って出るものじゃないので」と笑顔を見せながら「下半身を鍛えたり、脇腹を強化しました。体の切れは出てきたと感じています」と自信を口にした。この日の移動便では偶然にもロッテナインと呉越同舟。井口や里崎の視線を浴びながら移動した右腕は、28日にブルペンで最終チェック。黄金ルーキーが本拠地マウンドに帰ってくる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月28日のニュース