星野監督「もっと強い相手と戦うのにどうやって立て直すか」

[ 2011年6月20日 07:59 ]

パ・リーグ監督交流戦総括

 ◆交流戦総括

 ▼西武・渡辺監督 交流戦の序盤は良かったけど、中盤から終盤にかけて投打ともに機能しなかった部分があった。できればもっと貯金をつくりたかった。レギュラーシーズンから仕切り直し。上を追いかけなくちゃいけない。

 ▼楽天・星野監督 交流戦で借金を返すつもりだったんだけどな。リーグ戦はもっと強い相手と戦うのに、どうやって立て直すか。パはいい投手が多いと思っていたけど、打撃のレベルも高い。足も速いし、長打力のある選手もいる。

 ▼ロッテ・西村監督 最後にいい形で勝つことができて良かった。リーグ戦につなげられる。打線の方はだいぶ良くなってきているけれど、まだまだ。借金が4つあるから、一つ一つやるべきことをやっていくということです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース