坂口 ・412で交流戦首位打者!「もっと調子上げる」

[ 2011年6月20日 06:00 ]

プロ野球 交流戦 オリックス1―2中日

(6月19日 ナゴヤD)
 オリックスの坂口が、自身初の交流戦首位打者に輝いた。

 「リーグ戦に向けていい形ができだした。もっと調子を上げていきたい」。3回2死からの第2打席では速球を中前へとはじき返し、この日は5打数1安打ながら交流戦打率・412。交流戦前の5月15日時点で・248だったシーズン打率も・327まで上昇した。岡田監督も「(交流戦では)坂口の活躍が大きい」と称えた。

 ▼オリックス・金子千(7回6安打1失点)ホームラン1本で簡単に点を取られてしまい、良くない流れになってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース