牧田5失点で快投劇に幕 セットの課題浮き彫りに…

[ 2011年6月20日 06:00 ]

<巨・西>セットポジションでの課題が浮き彫りになった牧田

プロ野球 交流戦 西武1―10巨人

(6月19日 東京D)
 開幕から快投を続けてきた西武・牧田に、初めての課題が浮き彫りとなった。セットポジション時の投球だ。今季最短の5回1/3で7安打5失点KOに「(セットの時に)ちょっと投げ急いでしまった。体が突っ込んでしまっていた」と自己分析した。

 3回までは打者9人を抑える完全投球。ノーワインドアップでは、投球フォームの「間」を1球ごとに微妙に変えながら投げる、高等テクニックを持つ。だが、走者を背負った4、6回には明らかな変化がみられた。

 4回2死二塁からは、ラミレス、長野、小笠原に3連打を許し3失点。6回無死一塁では、阿部に内角球を右翼席に運ばれた。外角要求の直球が珍しく逆球となった1球。ファウルとなった直前の直球も逆球だ。原因は本人が言う「投げ急ぎ」だった。

 クイックモーションはチームでもトップクラスの1・0秒台のスピードだが、一方でフォームの「間」を変えることは難しくなる。巨人ベンチからは初対戦となるサブマリン対策として「打席で立ち遅れないように、速いクイックにも気をつけるように」との指示が出ていた。

 打者は、セットでは一定した「間」で待つことが可能となり、チーム戦略として、早めの(打撃の)始動にもはまってしまった。渡辺監督は「いつも良いわけではない。うまく攻められた」とかばったが、ルーキーにとって、初めて味わうプロの壁となった。

 ▼西武・小野投手コーチ(牧田について)どんな状況でも抑えなきゃ駄目。そうじゃないと飯は食っていけない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース