再爆発ならずも…中田9回に意地の1安打!

[ 2011年6月20日 06:00 ]

<広・日>5回無死、中田は左飛に倒れベンチに引き揚げる

プロ野球 交流戦 日本ハム1―2広島

(6月19日 マツダ)
 日本ハム・中田が意地を見せた。1点ビハインドの9回1死、サファテの148キロ直球を詰まりながらも右前に落とした。この日は同点の6回2死一、二塁で中飛に倒れるなど4打数1安打。大阪桐蔭に進学するまで過ごした広島で、2打席連発した前日のような活躍はできなかったが「試合に負けたが、応援に来てくれた人のためには1本出しておいてよかった」と前を向いた。

 ここまで今季全試合出場しているが「満足はしていない。最後まで出て“今年はよかった”と笑いたい」。早くも24日からの首位決戦となるソフトバンク3連戦(ヤフードーム)に目を向けていた。

  ▼日本ハム・ウルフ(6回7安打2失点も今季2敗目)思ったところに投げられていたので、打たれたボールに関しては仕方ない。(4回に打球が左足に当たった)投球に影響はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース