斎藤 痛めていた左脇腹に強い張り、検査へ

[ 2011年6月20日 06:00 ]

 故障者リスト(DL)入りしているブルワーズ・斎藤が、痛めていた左脇腹に強い張りを訴えた。17日に傘下3Aナッシュビルでの調整登板で1回を1安打無失点に抑えた右腕について、ロン・レネキー監督が「左脇腹に張りがあり(本拠地)ミルウォーキーで検査を受ける。問題なければ、月曜日(20日=日本時間21日)に3Aで登板する」と話した。

 斎藤は開幕直後の4月11日に左太腿を痛めてDL入り。復帰へ向け3Aで登板した同28日に左脇腹を痛めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース