石川6回途中KO 今季最悪4失点で4敗目

[ 2011年6月20日 06:00 ]

<ヤ・ロ>6回1死満塁、福浦に右翼へ2点適時打を浴び、先発・石川が降板する

プロ野球 交流戦 ヤクルト1―7ロッテ

(6月19日 神宮)
 ヤクルト・石川が6回に集中打を浴びてKO。5回1/3で今季ワーストの4失点で4敗目を喫した。1死二塁から中軸の3連打で逆転を許し、なおも1死満塁でロッテ・福浦に右前2点打を浴びて降板。「あの回だけですね。ストライクを集めすぎた」と振り返った。

 打線は先制直後の初回2死満塁で森岡が見逃し三振を喫し、2、4回には2番・田中が走者を置いた場面で凡退。伊勢総合コーチは「ああいう時に叩いていかないとコントロールのいい投手はつぶれない」と苦い顔。チームは交流戦10勝12敗2分けと負け越したが依然セ・リーグ首位をキープした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース