ダルビッシュ新記録 ひとケタキングは初めて

[ 2011年6月20日 08:17 ]

11年交流戦を制し歓喜のソフトバンクナイン

 今季交流戦はパが78勝57敗9分け。21勝差は昨年の22勝に次ぐ大勝。また、時間制限もあって9引き分けは05、09年の7を上回る最多となった。投手ではダルビッシュ(日)が09年に次ぎ史上初の2度目の防御率1位に輝き、0・21は06年佐藤充(中=0・91)を抜く新記録。

 打者では坂口(オ)が昨年多村(ソ=・415)に次ぐ歴代2位の打率・412を記録し、24試合制では昨年田中(日=39安打)を抜く42安打を放った。また、中村(西)が7本塁打で05年以来2度目の本塁打王。過去は、08年ウッズ(中)の10本が最少キングとなっており、1桁本塁打王は初めてだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月20日のニュース