松井V撃4連勝!チーム最多の勝利打点「5」

[ 2011年6月20日 06:00 ]

<アスレチックス・ジャイアンツ>5回、右前に2点打を放つアスレチックス・松井

インターリーグ アスレチックス4―2ジャイアンツ

(6月18日 オークランド)
 勝利を呼ぶ男だ。アスレチックスの松井秀喜外野手(37)は18日(日本時間19日)、ジャイアンツ戦の5回に決勝の2点適時打を放ち、今季最長タイとなる4連勝の立役者となった。これで勝利打点はチーム単独トップの5。ボブ・メルビン監督代行(49)は、自身の就任以来、9試合で9打点の背番号55について、21日(同22日)からのDH制のない敵地交流戦6連戦で先発起用を増やすことを示唆した。
【試合結果】

 練習前。グラウンドへ出ようとしたメルビン監督代行が引き返してロッカー前の松井へ歩み寄った。二言、三言ほど語りかけ、松井も通訳なしで応じた。ボブ・ゲレン前監督の指揮下にはなかった風通しのいい空気が流れていた。

 この日は最近の指定席だった3番ではなく、4番での出場。ウィリンハムが前日の試合で左アキレス腱痛を悪化させて欠場したためだが、松井は指揮官の期待を裏切らなかった。「若干体勢は崩されましたけど、ついていった感じ。ゲーム展開の中では非常に大きな一本になった」。5回、2―2の同点とし、なお2死二、三塁。5球目でファウルになった低めのスライダーが続き、2度目は逃さなかった。一、二塁間を破る勝ち越し2点適時打。チームに今季2度目の4連勝をもたらした。

 サヨナラ弾を放った5月2日レンジャーズ戦以来、47日ぶりの勝利打点。5本目のV打はチーム単独トップだ。9日に新指揮官が就任して以来9試合で打率・321、3本塁打、9打点。右翼席に日米通算500本塁打を期待する横断幕が揺れる中、王手から2試合足踏みしたが「状態はいいと思いますよ。早く出ればいいなとは思いますよ」。落ち着いた口調に心の余裕がにじんだ。

 左翼を守るウィリンハムは今後2試合は先発を外れることが濃厚。メルビン監督代行は、当初は敵地交流戦の2カード6試合中2試合としていた松井の外野スタメンについて「増えることもあるだろう」と話した。故障者の影響とはいえ、DHとしての常時先発さえ保証されていなかった10日前までは、全く考えられなかった立場の変化だ。

 試合後。練習前の指揮官との会話が、今後の守備起用についてだったと明かした松井は「足の状態もいいし、全く問題ないですよ」と、よどみなく言った。

 ≪ホーム用の第2ユニが連勝後押し≫4連勝を後押ししているのが、今季から採用している「ゴールド・ジャージー」と呼ばれるホーム用の第2ユニホームだ。第1ユニホームの白との選択権は先発投手にあるが、15日ロイヤルズ戦から白星が続いているため、ゲンを担いで替えずにいる状態。メルビン監督代行は「次の試合も着ると思う」と話し、この日の勝利投手となった2番手のジーグラーは「次も勝ったら、ロードでも着るぞ!」と、ご機嫌だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース