唐川6勝目!4年目の「余裕」に更なる飛躍誓う

[ 2011年6月20日 06:00 ]

<ヤ・ロ>8回1失点の好投で6勝目を挙げた唐川

プロ野球 交流戦 ロッテ7―1ヤクルト

(6月19日 神宮)
 ロッテ・唐川に笑みが浮かんだ。8回6安打1失点。早くも昨年の自己最多に並ぶ、6勝目を挙げた。「変化球でストライクを取れて、立ち直ることができた。中盤から余裕を持って投げることができた」と汗をぬぐった。

 プロ4年目の成長が光った。初回2死一、二塁で迎えたバレンティン。2ボール1ストライクから、外角低めのボールゾーンにスライダーを2球投じた。満塁から宮本に先制打を浴びたが、「点を取られたけど、あの四球は選択肢のひとつ」と序盤の大量失点につながる一発のある相手との勝負を避ける勇気を持った。4回2死満塁では田中にボール球の外角直球をひっかけさせて遊ゴロ。初球をファウルにされて打ち気を察知し、外角球で狙い通りに仕留めた。

 唐川は言う。「今は自分に余裕があるので。ゲームの中でプランが立てられる」。以前は四球を怖がって痛打を浴びたが、今季は自信を持ってボール球を投じている。この日は4つ四球を与えたが、全て理由付けができるもの。味方が逆転に成功した6回からは、一転して1人の走者も許さなかった。「点を取ってもらった後に四球で流れを悪くしたくなかった。ソロならOKと思って大胆にいった」とストライク先行で攻めた。

 チームはソフトバンク、日本ハムに次いで3球団目の交流戦通算100勝に到達し、4位タイに浮上。立役者は試合後、6勝目の感想を問われると戸惑ったような表情を浮かべた。「特にそれに関しては何も…。求められているところはもっと高いので期待に応えたい」。淡々と言った横顔が頼もしかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース