梨田監督「そんなに勝っている気しない」

[ 2011年6月20日 07:56 ]

パ・リーグ監督交流戦総括

 ◆交流戦総括

▼ソフトバンク・秋山監督 投手がよく、抑えたというのは当然あるが、勝つことができたのは、野手も点を取ってくれたということ。それぞれが自分の持ち場の仕事をした。(接戦が多く)数字ほどセとパ(の力)が開いた印象はない。

 ▼オリックス・岡田監督 いい弾みの付いた交流戦だった。調子が悪かった選手や、ケガの金子千、近藤も戻ってきた。ベストメンバーで試合ができたことが大きい。それが今の位置にいられる(原因だ)と思う。

 ▼日本ハム・梨田監督 投手はよく踏ん張ったが、打線がもう少し援護したかった。16勝8敗は十分過ぎるが(パ球団が強く)そんなに勝っている気はしなかった。これからはパ同士の戦いなので自力でゲーム差を詰めていくしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年6月20日のニュース