要求通らず 奪三振王 1億円以上の開き

[ 2011年2月11日 14:07 ]

 米大リーグのエンゼルスと所属する主力投手のジェレド・ウィーバー投手(28)との年俸調停で10日、年俸調停委員会は球団側が提示した今季年俸736万5000ドル(約6億1000万円)とする裁定を下した。同選手の要求額は880万ドル(約7億3000万円)だった。AP通信などが報じた。

 2009年に16勝8敗だったウィーバーは昨季、13勝12敗、リーグ最多の233奪三振の成績で、防御率は3・75から3・01に向上していた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース