さらにバージョンアップ マートン柵越え15本も「まだ波がある」

[ 2011年2月11日 17:38 ]

 プロ野球記録の214安打を放った阪神のマートンが、さらに上を目指して打撃改造に取り組んでいる。和田打撃コーチによると、左足の上げ方とテークバックの取り方を変えたそうで、同コーチは「試行錯誤していたけど、だんだん落ち着いてきた」と言う。

 そのマートンは特打で62スイングし、柵越え15本を放った。それでも「まだ波があり、常に同じスイングができていない。考えずに体が自然と動くようにしたい」と満足はしていなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース