年俸調停で今季初裁定…オーレンドルフ大幅増

[ 2011年2月11日 06:00 ]

 パイレーツとロス・オーレンドルフ投手(28)との年俸調停で、同投手が求めた今季年俸202万5000ドル(約1億6800万円)が認められたと、複数の米メディアが報じた。

 今年年俸調停に持ち込まれた最初の裁定結果で、球団は140万ドル(約1億1600万円)を提示していた。09年に11勝10敗だった右腕は昨季1勝11敗に終わったが、4・07だった防御率を理由に年俸43万9000ドル(約3600万円)からの大幅アップを要求していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース