落合監督“初バット”指導!標的は荒木&森野

[ 2011年2月11日 06:00 ]

森野(左)と荒木(右)にペッパーで送球チェックする落合監督

 中日・落合監督が10日、今キャンプで初めて、自らバットを振って指導に乗り出した。

 全体練習後、サブグラウンドで守備練習を始めようとした荒木と森野へ接近。2人の投げたボールを打ち返しながら、「気になることがある」と身ぶり手ぶりも交えて送球フォームをチェックした。

 昨季20失策だった荒木は「教わったのは下半身の使い方」と話し、同19失策の森野も「投げ方です」。3冠王2度の指揮官が放つ変幻自在の打球を必死に追いながら、主力2人はスローイングの矯正に励んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース