ヤクルト助っ人 適時打も変化球はお手上げ 小川監督「まだ調整段階」

[ 2011年2月11日 18:02 ]

 ヤクルトの新外国人のバレンティンが11日から始まった紅白戦に指名打者で出場し、実戦感覚を確かめるように2打席立って退いた。3回2死一、三塁で左前適時打を放ち「ほっとした。成功するという自信を持って臨みたい」と笑みを浮かべた。

 キャンプ序盤はマシンを使った打撃練習に戸惑うなど慣れるのに時間がかかった。この日も第1打席は変化球に見逃し三振。小川監督は「全然手が出てなかった。まだ調整段階という感じだね」と慎重だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース