糸井、斎藤から場外弾も「一緒のチームで良かった」

[ 2011年2月11日 06:00 ]

フリー打撃で斎藤(右)と“対戦”した糸井

 中田と同じく斎藤と対戦した日本ハム・糸井は、24スイングで安打性の当たりは右越え場外弾を含む5本。ただ、内野ゴロは11個を数え、「打ちづらかったですね。腕の出どころが見にくいし、球が手元でビュッと来る。低めに来ているし制球がいい。一緒のチームで良かった」と称賛の言葉を並べた。

 斎藤がこの日唯一投じたカーブには、タイミングを外され三邪飛に倒れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース