浅尾、封印解いた!パームボールに再挑戦

[ 2011年2月11日 06:00 ]

打撃投手でパームボールを投げ込む浅尾

 中日の浅尾が10日、封印していた球種を解禁した。今キャンプ2度目のフリー打撃登板。岩崎達と水田を相手に全50球を投げ、スライダー、フォークのほかにパームボールまで試投。「変な感じもなかったので、何とか投げられそうだなと思います」と笑顔を見せた。

 プロ入り前から決め球にしてきたパームだが、本格的にリリーフに転向した昨シーズンは投げるのを自重していた。1球の失投が命取りにつながるセットアッパーとして、完璧ではないボールを投げるわけにはいかなかったからだった。

 しかし今季は投球の幅を広げるべく、再び挑戦することを明言してキャンプ入り。当初は様子を見ながら投げ始める予定も、あまりに順調な調整ぶりがその時期を早めた。第2クール3日目にして再挑戦に着手した。

 この日はさらに全メニューを消化後に再びブルペン入り。マウンドを下りたほどの距離から、近藤投手コーチを相手に投げ込んだ。「リリースポイントのチェックをしたかった。でも1個ずつ段階をあがっています」。どん欲なリリーフエースがさらなる進化を遂げる日は近い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース