福井、志願の初ブルペンに「やっと投手になった」

[ 2011年2月11日 06:00 ]

ファンにサインする福井

 左太腿裏痛で別メニュー調整を続けていた広島ドラフト1位・福井(早大)が10日、本隊に合流。初のブルペン投球を行った。

 捕手を立たせたまま20球を投じ「気持ちよく投げられました。1球1球フォームを意識して投げました」と笑顔。ブルペン投球は当初の予定にはなく、この日朝に大野投手チーフコーチに志願して実現した。早大同期の斎藤(日本ハム)、大石(西武)からは大きく後れを取っているが「やっと投手になった。今まで何もしていなかったので、これからです」と気合を入れ直していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース