投げ込んだ!牧田が303球なら野上は329球

[ 2011年2月11日 06:00 ]

ブルペンで329球を投げ込んだ野上(左)と303球を投げ込んだ牧田

 西武の野上とドラフト2位の牧田(日本通運)が10日、そろって300球を超える投げ込みを敢行した。

 329球の野上は「エンジンは最初からかかっていました。プロに入って最多ですね。下半身の使い方は何となくつかめました」。また、303球の牧田はユニホームの右膝の部分が破れるほどの熱投に「きょうは投げ込もうと思っていました。でも上には上がいましたね」と野上に26球及ばず苦笑いしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月11日のニュース