抜群の勝負強さ発揮!小谷野、殊勲の2点適時打

[ 2010年7月1日 06:00 ]

<西・日>11回1死満塁 勝ち越しの右前適時打を放つ日本ハム・小谷野

 【日本ハム7―4西武】日本ハム・小谷野の一打が試合を決めた。

 延長11回1死満塁、左前へ決勝の2点適時打。今季満塁での打率は5割で、6月は24試合で27打点と抜群の勝負強さ。「2アウトじゃなかったんで、最低外野フライと思っていた。振りすぎを修正できました」とホッとした様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年7月1日のニュース