低調打線を危惧…楽天、判断ミス響き4連敗

[ 2010年7月1日 06:00 ]

<オ・楽>4回表、1死二塁、ルイーズの中前打で楽天の二塁走者・中村紀ホームつくもタッチアウト

 【楽天2―3オリックス】楽天・川岸が9回、日高に逆転サヨナラ弾を浴びて4連敗。守護神は「申し訳ないです」と悔やんだ。9回に山崎の三ゴロ併殺崩れの間に一度は勝ち越したが今季6度目のサヨナラ負け。

 4回の攻撃では中村紀が8試合ぶりの先制点となる左中間二塁打。だが1死二塁からルイーズの中前打で本塁憤死した。1死で次打者は山崎の状況だけに「オレの判断ミス。次は山崎だったし慎重にいってもよかった」と三塁ベースコーチの本西外野守備走塁コーチ。5試合で6得点と低調な打線への焦り。同コーチは「そういうのも頭にあったかもしれない」としたが、ブラウン監督は「積極的に行けというのがチーム方針」と強がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年7月1日のニュース