5回から無失点リレーも…大沼自滅で連敗

[ 2010年7月1日 06:00 ]

<西・日>11回1死満塁、小谷野の左適時打で降板する西武・大沼

 【西武4―7日本ハム】西武は5回途中から中継ぎ陣が無失点リレーでつないだが、延長11回に6番手・大沼が踏ん張れずに2連敗を喫した。渡辺監督は「(投手の)数が足りなくなるのは分かっていた。こういうゲーム展開で、いい投手をつぎ込んでいった。最終的には大沼の自滅だった」。大沼は「みんながつないでくれたのに申し訳ないです」と肩を落とした。

 打線は4回に中島の11号2ランで逆転し、1点を追う5回には片岡の7号ソロで同点としたが、3併殺などで勝ち越すことができなかった。指揮官は「チャンスはあったけど1点が取れなかった」と、決定打を欠いた攻撃を嘆いた。

 ▼西武・石井義(延長11回に右越えソロ)最後まで集中力はあった。あした(1日)は勝たないとね。
 ▼西武・平尾(地元・大宮で3安打)負けちゃったからね。きょうは仕方ない。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年7月1日のニュース