尚成6失点KOも…球団の高評価は変わらず

[ 2010年7月1日 06:00 ]

<メッツ・マーリンズ>3回、ラミレスに満塁本塁打を打たれたメッツ・高橋

 【メッツ6―7マーリンズ】メッツ・高橋が勝敗こそつかなかったが、5回2/3を9安打6失点KO。「もったいない失点の仕方。投手にヒットを打たれ、次打者に四球じゃ…試合をつくれなかった」と3回2死から突如崩れたことを嘆いた。

 3回は投手のロバートソンに中前打され、四球と安打で満塁となり、ラミレスに左中間へ満塁弾。さらに2ランも浴び、この回だけで6失点。変化球でカウントをとれず2本塁打はともに速球を狙われた。「走者を出したときの制球がカギ」と反省する左腕だが、ミナヤGMは「高橋が優秀という評価は固まっている。1、2試合の結果で何かが変わることはない」と今後も先発として期待をかけていることを明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年7月1日のニュース