下柳 指揮官脱帽の好投も援護なく…

[ 2010年7月1日 06:00 ]

<神・中>4回、和田に右越えソロを打たれた阪神・下柳(右)はライト方向を指差す

 【阪神1―2中日】ベテラン左腕の好投も報われなかった。阪神・下柳が7回4安打1失点。だが同点の8回に2番手の久保田が1死一、二塁のピンチを招いて、和田に右前へ勝ち越し打を浴びた。「ここぞという時にボールが高くなった」。

 打線も今季打ち崩していたチェンから1点止まり。真弓監督は「きょうは球が速かったし、切れていた」と脱帽した。これで首位・巨人には5ゲーム差に広げられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2010年7月1日のニュース