×

3大関で勝ち越しは貴景勝ただ一人 正代10敗、御嶽海9敗

[ 2022年5月23日 05:30 ]

大相撲夏場所千秋楽 ( 2022年5月22日    両国国技館 )

正代(左)を突き落しで破る貴景勝。右は御嶽海(撮影・久冨木 修)       
Photo By スポニチ

 貴景勝が正代を突き落としで破り、千秋楽にようやく8勝目を挙げた。激しい押し合いの途中で右足が俵を割りかけ、「(物言いの)説明を聞くまでどうなるか分からなかった」と振り返るほど際どい相撲だった。

これで大関陣唯一の勝ち越し。皆勤した大関3人全員負け越しという史上初の不名誉な記録はなんとか逃れた。それでも「もっと良い成績を残さないといけない」と8勝という数字に悔しさをにじませた。

 敗れた正代は10敗目。御嶽海は結びで敗れて9敗目を喫した。大関陣の不振に伊勢ケ浜審判部長は「本人たちが恥ずかしいんじゃないか。もう一度見つめ直してしっかり稽古に励んでから出てきてほしい」と苦言を呈し、奮起を促した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年5月23日のニュース